航空券とは

航空券には普通運賃航空券、PEX航空券、格安航空券の三つの種類があります。それぞれの航空券がどのようなものかを説明します。普通運賃航空券はいわば定価販売の航空券です。空席があれば、直前まで購入することが可能で、日程やルートの変更ができることがメリットです。近年人気のPEX航空券はエコノミークラス正規割引航空券とも呼ばれています。利用条件によってさまざまな制約をする代わりに、普通運賃航空券より割引いた価格で販売している割引航空券のことで、個人向けに航空会社が直接販売しているものです。ですから、航空会社によって条件や価格が異なります。

PEXの運賃はそれぞれの航空会社が独自に設定した価格ですが、国際的な制約があり、経由便のPEX運賃は直行便より安くしてはならないといった規定があります。帰路の予約を入れないでおく「オープン」での発券も可能で、場合によっては往路と帰路で異なる航空会社を選ぶこともできます。格安航空券はツアー用に準備した航空券を航空会社が旅行会社に卸し、それをバラで販売しているため、安く購入できるものです。基本的に日程やルートの変更ができません。

普通運賃航空券、PEX航空券、格安航空券、どれが得と考えるかは利用時期や利用目的によって変わるものですから利用者の判断次第といえます。小さな子供連れでお盆のシーズンの帰省などといった場合、子供の急な病気による変更を考えつつ早めに予定を立てられるのならPEX航空券、学生でとにかく安く行きたいというならトップシーズンを外して格安航空券、年配の方が余裕をもって旅行をしたいならマイルも貯まる普通運賃航空券、といったように時期や目的によって使い分けることがかしこい利用術といえます。

 

Copyright © 2014 購入方法と注意事項 All Rights Reserved.